エコジョーズの給湯器のメリットとデメリット

エコジョーズの給湯器の特徴

給湯器には従来型とエコジョーズと呼ばれる種類があります。

エコジョーズの特徴として、従来型の給湯器と比べてガス代が安くなる・環境に優しいといった点が挙げられます。

給湯器の内部には、お湯を沸かすための熱交換器と呼ばれる部品があります。

エコジョーズは熱交換器を2つ搭載することにより、エネルギーを無駄にすることなく必要なお湯を沸かすことができるのです。

それでは、エコジョーズのメリットとデメリットについての解説に移ります。

エコジョーズの給湯器のメリット

高効率な湯沸かしがでガス代を節約できる

エコジョーズのメリットは上記でも記載した通り、効率的にお湯を沸かせることです。

これまでの給湯器は、熱交換率が80%ですので無駄が多く、20%のエネルギーが大気中に捨てられるしかありませんでした。

しかしエコジョーズの熱交換率は95%に達しており、ほとんど無駄がありません。

そのため従来型と呼ばれる一般的な給湯器に比べると、少ないガスの消費量でお湯を沸かすことができます。

お湯を沸かすときのガス消費量を減らすことができれば、ガス代の削減に繋げることが可能です。

一般的な給湯器だと年間約83,000円のガス代が、エコジョーズなら約70,000円にまで下がると言われています。

もちろんガスの使い方は家庭によって変わるので、必ずしも同じ金額だけ削減できるとは限りません。

しかし大幅にガス代を節約できるのは確かなので、光熱費全体も目に見えて削減することができます。

ガスの使用量が減ると、二酸化炭素の排出量も削減される

効率的なガスの使い方で光熱費が下がるだけでなく、エコジョーズのメリットはエコなところにもあります。

エコジョーズでお湯を沸かしたときに排出される二酸化炭素は、一般的な給湯器と比べて約13%削減可能です。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑えることで、環境保護にも貢献することができます。

我慢いらずのエコ生活を送ることが出来る

ガス代の節約や二酸化炭素の排出量の削減を考えると、お湯の勢いや能力などが心配になるのではないでしょうか。

しかし、エコジョーズの給湯能力は従来型と何も変わらないのです。

いつも通りにお湯をつかうだけで省エネになります。

家計や環境への配慮をするなら、エコジョーズがおすすめです。

エコジョーズの給湯器のデメリット

設置費用が従来型より高い

エコジョーズの一番のデメリットは、設置費用が高額なことです。

使い続ければガス代が節約できて回収できますが、それまで数年間かかります。

万が一途中で故障し使えなくなると、さらに経済的な負担は増えてしまいます。

故障のリスクも考慮して、保証内容がきちんとした業者での交換は必須でしょう。

毎月の光熱費は節約することができますが初期費用は一般的な給湯器より高いので、回収できるまでの期間を考えながら設置するようにしましょう。

ドレン排水の処理をするための工事が必要となる

エコジョーズを家庭に設置する場合は、ドレン排水と呼ばれる酸性水の排水経路を作らなければいけません。

そのため場所によっては設置できない可能性もあり、絶対に使えるとは限らないのもデメリットです。

ドレン排水は人体に影響はないものの、垂れ流しにしてはいけません。

少なからず土壌に影響はあるでしょうし、コンクリートに垂れ流しだと見た目も非常に汚いのです。

ほかにも二酸化炭素の排出を抑えてエコには貢献できる一方、従来型よりは少ないですがガスを使うためそもそも環境破壊に繋がるのではないかという意見もあります。

エコジョーズには一般的な給湯器にはないメリットがある一方、デメリットがあることも理解しておきましょう。